サイトリニューアルしました!

大好きな彼だから幸せにしたい!彼氏を幸せにするために心得ておきたい10のこと

大好きな彼だから幸せにしたい!彼氏を幸せにするために心得ておきたい10のこと

大好きな彼だからこそ、幸せにしたい!好きだからこそ彼の幸せを考えます。でも、彼が望んでいることがわからない、幸せにするってなにをすればいい?と悩んでしまう。「恋愛って難しい」と気負いしてしまわないよう、彼を幸せにするための心得をまとめてみました。彼にとっても最高の彼女になるために、参考にしてはいかがでしょうか?

① 彼を知る・理解する

付き合いはじめのカップルはもちろん、付き合いが長くても、彼のことをもっと知ろう、理解しようとする気持ちは忘れずに持ち続けましょう。彼の好きな食べ物、好きな場所、休日の過ごし方など、同じ時間を過ごしていくなかで知ることもあるでしょう。会話のなかの受け答えなどもよく観察していると彼が言われて嬉しいこと、触れてほしくないことなどもみえてきます。もっと深く彼のことを知りたいと思うなら「どうしてそう思うの?」と掘り下げて聞いてみてもいいでしょう。

② 彼の話も聞く・否定しない

女性はおしゃべり。彼になら何でも話したいし聞いて欲しい。優しく聞いてくれる男性もいますが、男性は興味のない話をダラダラと続けられるのは苦痛。無言でも疲れない関係を目指し、彼も安心して話したいことを話せるような余裕を与えましょう。彼が自分の話をしてきたら最後まで聞く努力をし、話を中断したり、自分の考えを押し付けて否定しないようにしましょう。

③ 彼を褒める・認める

家事を手伝ってくれたときなど、彼が何かをしてくれたら「すごい!」・「さすが」などといって褒めましょう。子供扱いしていわけではなく、純粋に彼を認めること。家事の進め方が、自分のやりかたと違う、完璧ではないからと怒っていませんか?まずは彼がしてくれたことを認めて、小さなことでも褒めるようにしましょう。料理の味付けがいまいちだとしても、「料理できるんだね!」と料理をしたという行為自体を褒め、「今度一緒に作ろう」などと誘い嫌味のないようにアドバイスします。

④ 彼女にとって自分は特別な存在と思わせる

いつだって彼を肯定し、彼のことを頼りにしているのが伝わるように。彼の存在が彼女にとっても必要不可欠と思わせるように行動しましょう。出かけるときは必ず手をつなぐ、何かあれば一番に彼に報告するなど、彼のなかでのあなたの存在が当たり前になるよう高めていきます。また、辛いことがあったときに頼りにするなど、普段まわりに見せないような、か弱い一面を見せてもいいでしょう。それだけ信頼している相手ならすべて受け止めてくれるはずです。

⑤ 必要なら支えてあげる

男性だって、たまには愚痴も言いたくなります。そんなときは彼女だからこそ優しく聞いてあげて。彼の愚痴に指図や反論したくなるかもしれませんが、たまには愚痴を聞いてあげることも彼の支えになります。もし、彼が失敗して落ち込んでしまったとしても、何も言わずにただ聞いてあげるだけいい。状況を深く理解しているわけではないのに、反論したりアドバイスするのはNG。ただ聞くだけでいいのです。

⑥ 彼を二の次にしない

友達といるときに照れ隠しで彼をないがしろにしていませんか?また、彼もいる場所で他の男友達と仲良くしすぎたり、イチャイチャするのは絶対にやめましょう。彼の心が広く、気の知れた仲間内だとしても、彼の気分を害したり、「ちょっと心配だな」と誤解を招きやすくなります。

⑦ 相手の趣味を一緒に楽しむ努力をする

例え彼の趣味に興味がなくても、まずは一緒に楽しむ努力をしましょう。それで同じ趣味を楽しめるようになれば、それこそ最高ですが、同じ興味を持てなくても一緒にやるという行為を楽しみましょう。自分の趣味を彼女が一緒に楽しんでくれて嬉しくない男性はいません。同じ趣味を楽しむことで一緒に過ごせる時間も増えて、よりお互いの理解も深まります。

⑧ 誕生日や記念日をお祝いする

ふたりにとって大切な記念日は祝いしましょう!記念日のお祝いを彼女から持ち掛けることで、大切に思われている気持ちも伝わります。また、彼の誕生日には、彼が欲しがっているプレゼントを贈ること。くだらないと思ってしまうようなものでも、彼にとっては価値あるもの。彼が欲しがっているものを事前にリサーチして贈ることで、彼は自分のことをよくわかってくれていると感じます。日頃から彼の言動をよく観察して、情報を集めておきましょう。

⑨ 感謝の気持ちを伝える

男性は、いつでも自分の彼女を喜ばせたいと考えています。日頃から彼女を喜ばせるためは、なにをしたらいいか考え、努力しています。だから、どんなに小さなことでも感謝の気持ちをストレートに伝えることが大切!彼女が喜んでくれたことを実感できれば、彼も幸せです。自分がして欲しかったことと違うことをされることもあるでしょう。でもそれば、積み重ねていくうちにお互いわかり合えば解消されるはず。決して怒ったりしないで。

⑩ 好き・愛してるは言葉で伝える

「好き」・「愛してる」などと愛情を言葉にして表現すると男性だって嬉しい。シャイな彼に「愛してる」と伝えて思った反応が得られなくても、彼は内心喜んでいます。付き合いが長くなるにつれて忘れてしまいがちな「好き」や「愛してる」といった言葉の愛情表現。ちょっぴり恥ずかしさがあっても言葉で伝えるようにしましょう。そのほか、彼のことを「素敵」・「かっこいい」と思った瞬間があれば、その場で言葉にして褒めることも忘れずに。

幸せはふたりでつくるもの

ふたりの幸せは、一緒につくっていくもの。どちらか片方ばかりが尽くすものでもなく、尽くさせることでもありません。どうしたら相手が喜ぶか常に意識していれば、自然と行動に変わります。ふたりの未来を、同じ方向を向いて歩んでいけるよう寄り添っていれば、きっと幸せな時間を過ごせるはず。お互い努力し合うことを忘れずに。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

恋したガールカテゴリの最新記事